ワキガ対策と予防に始めたい3つのこととは?

ワキガ対策と予防に始めたい3つのこととは?

体を綺麗に洗っても、制汗剤を毎日使ってもどうしても汗をかくと臭いが漂ってきます。ワキガを完全に治すのは簡単な事ではありませんが、日常生活のなかでちょっとだけ意識すると臭いの軽減につながる場合があります。そこでワキガでお悩みの女性におすすめしたいワキガ対策で必要な3つのことをご紹介しましょう。

 

ワキガ対策と予防に始めたい3つのこととは?

 

ワキガ対策で始めたい3つのこと

 

  • ムダ毛の処理をする
  • ワキ汗をこまめに拭く
  • ワキの正しい洗い方

 

以上3つのポイントを見ていきましょう。

 

ワキガを軽減させるためにはムダ毛処理をしよう

脱毛サロンに通う女性がとても多くなりましたよね。ムダ毛の処理はおしゃれの一部でもありますので、毎日剃刀で頑張ってお手入れしている人は多いではないでしょうか。

 

ワキ毛があるとアポクリン汗腺から分泌された汗が毛に付着してしまい、ワキ自体が蒸れやすくなってしまいます。すると高温多湿を好む臭い菌は増殖するため、ムダ毛がある方が臭いが発生しやすいのです。

 

ワキ毛の処理は女性の皆さんが敏感になるところですが、肌を見せない冬になるとつい油断してしまいますよね。ワキガは汗をだらだらかかなくても蒸れた部分では一年中臭いが発生しています。ムダ毛処理は見た目の問題だけでなく、ワキガ予防としても行いましょう。

 

ワキ汗をこまめにふき取り汗染みと臭いのケアをする

ワキにはアポクリン腺が多いため、臭い菌が繁殖しやすい汗をかきやすい点が特徴です。汗をかかなければ臭い菌が増える環境がなくなりますので、ワキガの心配も軽減します。

 

ワキガを発生させない為にはワキ汗を減らすことがポイントになりますので、暑い季節はこまめに汗をふきとりましょう。最近は便利なことにシートタイプの制汗剤も種類が増えていますよね。無香料タイプのシートを使って汗を拭けば臭いにいつも敏感になりますし、臭い菌の増殖を防ぐことが可能です。

 

またワキ汗はタンパク質を多く含み、衣類に黄色の汗染みを残してしまいます。制汗剤の着色料と混ざり洗濯しても綺麗にならない場合もありますので、普段から汗をしっかりふき取る習慣をつけましょう。

 

ワキを洗う時に注意したい点について

ワキガを予防するには常に肌を清潔にすることは重要です。しかしごしごし洗ってしまうと肌の大切な皮脂もなくなりますので、乾燥する原因です。

 

皮脂は皮膚の表面に住んでいる臭い菌を抑制する「表皮ブドウ菌」が減ってしまう原因になりますので、乾燥予防と臭い対策に欠かせない大切なものなのです。

 

ワキを洗う時はたっぷりの泡を使い優しくマッサージしましょう。摩擦力が加わると皮膚にダメージもプラスされ肌の働き自体が弱くなってしまいますよ。

関連ページ

予防と対策はクリームひとつでOK
ワキガ対策はしっかりやっておかないと女性の場合、男性からもちょっと距離を置かれてしまいますよね。オシャレをしてもワキガの臭いで台無しになってしまいます。10代の思春期の場合はさらに悩みになり、友達関係にも影響してしまいます。こんな困ったワキガですが、女性にはワキガクリームが大変メリットになりますよ。
やってみよう!バスタイムでできる対策
ワキガ対策は消臭成分が配合されたデオドラントを使用してケアすることはエチケットなので忘れてはいけません。でもこれだけでなくもっと自分でできることはないかな、って思う人もいますよね。そこで毎日のバスタイムでできるワキガ対策法をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。
手術のメリットとデメリットについて
ワキガの悩みは人にも相談できず、一人で色々な解決策をトライしている女性はとても多いですよね。制汗剤で効き目がないワキガだと病院で手術することも頭をよぎるかもしれません。そもそもワキガは遺伝によりアポクリン腺の数が遺伝するともいわれています。はたしてワキガ手術は本当に効果があるのでしょうか。